PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
アクセスカウンタ
アクセスカウンター
出会いクレジットカード比較CFD取引FX
わたしも署名しました!匿名、HNもOKです。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

PTAを辞めたら〜さよなら同調圧力社会

PTAもいろいろ。雰囲気がよくやりたい人が手をあげて、やりたくない人はやらなくていい幸せな冠PTAの人はいいですね〜このブログでは残念な日本式シュラバPTAともいうべき、保護者を勝手に入会させるだけでなく役員などの使役を当たり前にように押しつける問題PTAから、どう自分を守るかを記録していきます。また、PTAが任意団体であることや入退会の自由を説明して適正な活動をする団体として再生することを願いつつ、そ道筋を考えていきます。
<< 強制参加なのに子ども会活動に納得しているわけ | main | PTA問題は人災、ならば被害者はなくせるなくすべき >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    入学式、教頭に実費を払う予定が
    0
       真っ白いスニーカー。
      新しいセーラーに詰襟。
      初々しい中学一年生たち。
      例年より遅い開花の桜がちょうど見頃でした。

      息子もいよいよ中学生。

      体育館で式がありました。
      一時間程度でしょうか。
      校長や来賓のあいさつなどが終わったあと、
      子どもたちは教室へ戻りました。

      それから
      教務担当の先生から説明、
      続いてPTA会長がPTAのお話。

      やはり、任意団体で学校とは別、
      入退会は自由意志です、ということばは
      聞かれませんでした。

      じゃ、やっぱりわたしは入らないし、
      いろいろ知ってしまった今
      入って役員になったりしてうわべだけ合わせるなんてできません。
      また、改革をするといっても
      一役員として任意を訴えるのが難しいことは、
      小学校の役員経験から想像できます。
      せいぜいマイナーチェンジであり、
      それではPTA被害者が出るシステム自体は変わりません。

      それなら
      非会員であり続けて考えてもらうほうがより効果的でしょう!

      説明が終わると、
      子どものいる教室へ行くよう促されました。
      担任からのあいさつと説明。
      これで終わり。

      しかしわたしはまだ用事があります。
      教頭を急いで探しました。
      子どもは帰りたがっているが、
      わたしは写真も撮りたので。

      こんなことにならないよう
      前日に学校へ出向こうと思ったら
      仕事になってしまったのでした。

      居所を聞いて会議室に行ってみると、
      式に列席していたPTA会長や執行部役員とおぼしき人々も。
      うわ。
      これ、教頭わざと?
      旧知の顔も幾人か座っています。

      まわれ右して校門へ。
      みんなちょうど見頃の桜を背景に写真を撮っていました。
      わたしも、撮りたい!
      暑苦しい制服を脱ぎたいばかりの息子の
      不機嫌そうな顔がゆるむ瞬間をとらえようとカメラを
      向けていました。
      家に帰って。
      別に教頭に会う必要もないな、と思いました。
      とっくに話はついているのだから。

      授業料引落の用紙とともに
      PCでつくった領収書、
      実費3分の1の金額、
      会計担当者には金額を間違えないように伝えてほしいという手紙を添えて
      封筒に入れてしっかりのりづけしました。

      ここで教頭には匿名から実名に。
      匿名で話をしてきたのは、気が楽でした。
      思いつきでしたが、結果よかったと思います。
      最初電話するのが、一番勇気が必要でしたからね。

      やはり、組織対個人。
      こじれるのは怖い。
      相手がどんな反応にでるかわからないのですから。

      しかしまあ、
      つくづく何度も思うのです。
      入会しないことを伝える、
      それをこころに負担がある人はできるのかって。

      わたしが今回したことはみんなは知らない。

      わたしが知っていることを大部分の人は知らずに
      義務だと思ってPTAに入り、
      人によっては大変な負担を強いられます。

      これはどうしたっておかしいです。

      どうしたってPTAは自由意思で入る団体にならないと。
      それも全国どこでも当たり前にならないと。

      なんとかならんかな〜。
      なんとかしなきゃ。

      PTA被害で泣く人が今年はどれだけでるのかな。
      つらいな。
      | - | 14:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:23 | - | - | - |
        このコメントに気がついていただけるかわかりませんが、コメント残しますね!

        私とほとんど同じ考えのことが書いてあり
        とても共感できました♪

        私も苦い委員長経験を経て
        昨年、小学校は脱退、中学校は最初から非加入
        (長男のときに一度やってますが 長女・次女については非加入)という選択にいたりました。

        匿名で非加入の話を詰めましたが
        入学式の日、これまでずっと仲良くしてくれてた
        保護者の顔を見てコッソリ非加入に胸がいたくなり、
        私はみんなの前で、
        自分が非加入の道を選んだことを話すという
        暴挙に出ました(爆)

        でも、その後 普通に静かに生活しています。

        できることを、できるときに、できる人が!
        これ、とっても大切ですよね♪

        PTAを脱退したあとも、
        お手伝いできる(したいと思えること)は
        しています。

        もっと、気軽なPTAになれば
        活動内容もよくなると思います!
        | メアリー | 2014/02/13 10:25 PM |

        こんにちは。PTA退会しました。
        できるから、委員してもいいかと思ってしてました。
        転校し、4月の委員決めの約束事というものの、高圧的な文章。
        委員は、必ずすること。 無理なのに…。
        それから、調べました。お恥ずかしながら、今まで任意とは、知らずに
        過ごしていました。
        4月からの生活。 子供達が心配ですが、押し付け合いの委員なんて、いらない。 ブログ、勇気でます。 みんなが、気がつきますように。 ありがとう
        | 小学生の母 | 2014/03/22 10:16 AM |










        http://unfair-pta.jugem.jp/trackback/27