PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
アクセスカウンタ
アクセスカウンター
出会いクレジットカード比較CFD取引FX
わたしも署名しました!匿名、HNもOKです。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

PTAを辞めたら〜さよなら同調圧力社会

PTAもいろいろ。雰囲気がよくやりたい人が手をあげて、やりたくない人はやらなくていい幸せな冠PTAの人はいいですね〜このブログでは残念な日本式シュラバPTAともいうべき、保護者を勝手に入会させるだけでなく役員などの使役を当たり前にように押しつける問題PTAから、どう自分を守るかを記録していきます。また、PTAが任意団体であることや入退会の自由を説明して適正な活動をする団体として再生することを願いつつ、そ道筋を考えていきます。
<< 他人と自分の境目がわからなくなる日本人 | main | 学校行事予定表にPTA行事が書いてある、会費の引落は金額変更のみ申出るなど??? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    思考停止は、負の遺産を子どもたちに背負わせる
    0
       お上任せにしておくとどんなことになるか

      今回の震災から学ぶべきことはたくさんあると思う。

      今みんなが不満に思っていることは、

      ほとんど国や地方の行政にかかわることばかりだけど

      最終的責任は個人にいくのだ。

      復興にしても、原発にしても、

      頭を下げている人の財産から補償されないので

      結局税金や電気料金に上乗せされることになる。



      わたしたちには考えることも、発言することも、

      働きかけることも自由な国に住んでいる。

      だから、

      子どもたちに膨大な借金や不安定なシステムを

      残してしまったら、それは大人たちの責任だ。



      身近な問題であるPTAも同じ。

      長いものにまかれるのは勝手だけど、

      子どもたちがやがて大きくなって

      どこかに住んで孫が学校に通い始める時が来る。

      そのときPTA問題がまだ片付いていなかったら。

      それは本当に考えたくない。



      だから、

      今直面することに対してできることをしようと思う。

      ひとりひとりができることを。

      PTAの内側にいる人も外側にいる人も、

      できることはたくさんある、

      未来をになう子どものためを思ったら。

      | - | 09:19 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:19 | - | - | - |
        はじめまして。わがままと申します。

         まさみさんが同一性をしっかりともって、子どもにその姿を見せている事、是非応援させてください。応援だけしかできませんが。

        心から一言。

         期待しています。
        | わがまま | 2011/04/27 3:19 PM |

        いらっしゃいませ。

        はじめまして。
        応援ありがとうございます。
        PTA問題は身近にあって、
        わたしたち大人社会のさまざまな矛盾を
        現わしているようにも思えます。

        わたしにできることは、
        非会員になることはどういうことか
        発信していくことです。

        ご期待に添えるよう頑張りますね。

        これからもよろしくお願いします。
        | masami | 2011/04/27 6:35 PM |

        こんにちは、結局は多くの人が自分の事に精一杯で
        幼い頃に学んだ道徳は殆どの場合、(建前)だと痛感させられる事ばかりです。

        入り乱れた文化の国で、何か信頼できる社会を作れるか
        散漫で雑多な情報の何を大切にするか。なのかな?

        あまりに自分と違った価値観の中で生きなければならない時
        個人の声がどこにも届かない絶望を抱えながら
        生きるのに精一杯の人が多いのでしょう。

        義務教育は、本来 そういった人々にも平等であって欲しいですが、世の中はそうで無い(差別)に満ちた社会です。

        生きる力って何?強いものが弱いものを踏みつけにする社会?
        なぜ学校は嘘を並べるのでしょう。そのネジレが子供達に跳ね返る。親は、どう子供を支えるべきか。悩みながら日々子供と向き合っています。
        | OT | 2011/05/09 3:40 PM |

        OTさん

        いらっしゃいませ。

        震災あと露呈してくる問題を毎日みていて……
        考えてしまいます。

        個人の力ではどうにもならないことなのに、
        結局どうにもならなくて自己防衛を考えなければ
        ならない。
        余裕もなくなりますよね。

        一致団結といっても
        明日のためにとなると力がバラバラになってしまう。

        個人が確立していないからなのか、
        国民性なのか。

        こんなふうにならないためにも、
        教育って大事。
        個々が相手を尊重しながら、
        自分の思いを堂々と言えるために。
        違った考えでもOKと言えるために。

        学校は建前は個性を尊重してとか言いますけど
        絶対に違うと思います。




        | masami | 2011/05/10 11:09 PM |










        http://unfair-pta.jugem.jp/trackback/32